小顔ヘア・小顔メイク

小顔ヘアやメイクは雑誌などでも特集が組まれるので、実際に取り入れている方も多いです。とはいえ媒体によって内容が違う場合も多いですよね。ここで紹介しているのもほんの一例です。数あるテクニックの中から、自分が1番良いと思うスタイルを研究しましょう!

メイクやヘアスタイリングで小顔に見せる

顔の大きさの印象は、実際のサイズだけで決まるわけではありません。中には実は顔が大きいのにヘアスタイルやメイクで上手く隠せている人も沢山いますし、逆に顔は小さいのにスタイルで損をしている(といっても人並みのサイズに見える程度)方もいます。

小顔に見えるポイントをしっかりと理解して自分のヘア・メイクにうまく取り入れていきましょう。

小顔ヘア・メイクの種類

小顔ヘア

  • ショート…ややボブよりに長めに残すと顔周りを隠せる。耳の横にボリュームを持たせるひし形シルエットもオススメ。
  • ミディアム…全体的にふんわりとした感じのスタイル。顔のラインを包むように髪を残すのがポイント。前髪なしなら王道のひし形がベスト!
  • セミロング…顔周りにゆるくレイヤーをいれることで小顔効果を演出。毛先のパーマで顔下にボリュームを持たせてもイイですね。
  • ロング…重くなりすぎない、ふんわりとしたスタイル。セミロング同様、レイヤー入りやパーマだとより小顔効果が高いです。
  • アレンジ…鉄則は、ふんわりヘアであること。トップをふんわりさせたポニーテールやサイドテールなどが良いです。輪郭が気になる方はサイドの髪をわざと残すスタイルも可愛らしいですね。スカーフやリボンで視線をずらすのもアリです。

小顔メイク

  • ベースメイク…額、目、ほうれい線のファンデは薄く。耳の前~顎のラインにシェーディング、目の下・こめかみ・あご先にハイライトを施すと小顔効果抜群!
  • チーク…肌に馴染むコーラルピンクやオレンジのチークを、頬骨よりやや高めの位置からこめかみへ斜めに入れます。
  • 眉毛…小顔には太め眉で目元を引き締めるのが最適。角度をつけずなだらかにして、優しい印象に。
  • アイシャドウ…ナチュラルなブラウン系を選びましょう。下まぶたの1/3にも入れると引き締め効果大。
  • アイライン…違和感のないように細めに。目尻から2mmほど長めに引くと、自然に目が大きく小顔に見えます。涙袋を作るとさらに効果UP!
  • リップ…馴染み色のペンシルでしっかり輪郭をとり、そのまま中を塗りつぶすことで、色も良く落ちない仕上がりに。グロスを重ねてツヤ感のある口元に。

小顔体操・エクササイズの効果・持続期間

  • 効果の出る顔の悩み…一時的に小顔に見せるテクなので、小顔の原因にアプローチはできない。
  • 効果の持続時間…ヘアアレンジ・メイクをしている間のみ。

費用

美容院代、化粧品代がかかります。通うサロンや使う道具は個人差があるので、費用は一概には言えません。

副作用や失敗例

狙った小顔ヘアが似合わなかったり、小顔には見せられるものの日常生活で髪が邪魔だったり(髪の毛の影効果を利用するので、どうしても下ろしているスタイルが多いので)と、やや支障が出る可能性はあります。小顔に見えるポニーテールなどもあるので、うまく活用しましょう。

また、メイクも今までの方法とがらりと変える場合は、上達するまでは上手く顔が作れないことも。ですが、メイクは失敗しても落としてチャレンジできるので、それほど大きな支障はないでしょう。

※「誰でも小顔になれる! 小顔矯正ナビ」は、独自に調査した内容をまとめたサイトです。お得なキャンペーンやイベント、最新情報は各エステ・サロンの公式サイトで確認してください。
絶対に小顔になる!1ヶ月チャレンジ小顔矯正を始めてみました