セルフマッサージ

手軽な小顔体験といえば、数分でできるセルフマッサージが1番。むくみやコリは毎日顔に蓄積していきますから、溜めこまずに日々リンパへ流して小顔維持に努めましょう!小顔矯正整体などと併用すると、小顔が長くキープできると口コミでも評判です。

小顔は自分で作れる!セルフマッサージ

顔の大きさの原因が筋肉の緊張・コリ、むくみ、脂肪などであれば、セルフマッサージでリンパを流したり、コリをほぐすだけでもなかなかの効果が出ます。

そして、何と言っても毎日出来るのが最大のメリット!1日で溜まったむくみやコリはその日のうちに解消しておくことで、慢性的なむくみの蓄積・コリを防ぐ事ができ、常に小顔でいられます。

エステやサロンに通う時間の無いくらい忙しい方でも、自宅で一息つく5分程度で出来るのも嬉しいポイントです。自分の好きな香りのクリームやアロマオイルを使うなど、工夫次第でリラックス効果も抜群ですよ。

セルフマッサージの種類

マッサージを行う際は、クリームを塗るかお風呂で行うなど、肌を引っ張らないように注意して行ってください。

  • 口コミでも大人気!磯部昭弘先生直伝の方法
    1. 指の腹で頭全体を掴んで頭皮を20回前後に動かします。
    2. 中指の腹で左右の目の骨に沿うように20回ほど円を描きます(目頭からスタート)。最後は目頭から小鼻のほうへリンパを流します。
    3. 親指、人差し指、中指で頬全体に円を描くように20回なぞります。最後は耳の前から下にリンパを流します。
    4. 親指以外を耳の下に添え、鎖骨までなでおろします。左右20回ずつ行いましょう。
  • 骨筋小顔マッサージ
    1. 耳下から鎖骨を撫でて、リンパを流す。1,2,で耳下→首の付け根まで、3で鎖骨まで流すリズムで、合計3回行います。
    2. 顎から耳の下へ、圧をかけてクルクルとマッサージ。小鼻の横から、頬骨の横を通ってこめかみまで、そのまま目尻から目頭、おでこをクルクル回し、最後にこめかみをプッシュ。これを2セット。
    3. 頬骨の下に手のひらを密着させ、ぐーっと筋肉を持ち上げるように顔全体をむらなく4回かけて引き上げます。最後は耳の下からぐっと上まで持ち上げます。
  • 田中愛の簡単リフトアップマッサージ
    1. 軽く握ったグーの手で頬を回すように20秒くらいマッサージ。
    2. 指を丸めたチョキの手で頬骨をなぞるように20秒くらいマッサージ。
    3. パーの手の指で目の下からこめかみ(2回)、目の上からこめかみ(2回)、おでこから首(10回)へとリンパを流していきます。
    4. 最後に首から鎖骨へ手を滑らせて余ったクリームをなじませ、終了です。

他にもネット上にはたくさんのセルフマッサージ方法が動画つきで紹介されていますので、色々試してみて、自分に合ったものを見つけてみてください。

セルフマッサージの効果・持続期間

  • 効果の出る顔の悩み…むくみ、脂肪
  • 効果の持続時間…1日のむくみを解消する程度で、長い効果は期待できません。なので、毎日定期的に行うことで徐々に蓄積した脂肪や筋肉のコリにアプローチができます。

施術費用

自分で行いますから、当然無料です。

副作用や失敗例

セルフマッサージはそこまで強い刺激を与えるものではないので、基本的に副作用や失敗はほとんどありません。ただ、力をこめすぎると逆に骨格をゆがめる可能性が考えられます。

また、リンパマッサージの力が強すぎてしまうと、逆にリンパの流れを圧力で止めてしまい滞留させてしまうことになるので、適度な力加減を守るようにしてください。

ネットの動画などを見ても自分が本当に正しくマッサージ出来ているのかわからない!という口コミもありますね。そんな時は、小顔矯正サロン等でプロにやり方をレクチャーしてもらいましょう。初回ならば体験価格で割引になるところもありますよ。

もしサロンが気に入ったら、そちらに継続して通いつつ、セルフマッサージを続けるのが最も効果的です。

※「誰でも小顔になれる! 小顔矯正ナビ」は、独自に調査した内容をまとめたサイトです。お得なキャンペーンやイベント、最新情報は各エステ・サロンの公式サイトで確認してください。
絶対に小顔になる!1ヶ月チャレンジ小顔矯正を始めてみました