お風呂で

毎日の疲れを癒すリラックスタイム、お風呂。人それぞれ好きな入り方があるとは思いますが、脂肪燃焼やダイエットに最適なキーワードは「食事前・40度・15分・全身浴」です。これを守って入浴すると、顔の大きさの原因・むくみや脂肪の排出に繋がりますよ。

小顔への分かれ道、お風呂も有効活用!

お風呂にダイエット・美容効果があることは多くの方がご存知ですよね。効果的な入浴方法を意識していれば、顔の大きさにも効果が表れてきますよ!

一人暮らしだとついついシャワーで済ませてしまいますが、毎日の美容タイムに是非、湯船を活用してみてください。

お風呂のタイミングは「食事前」

入浴すると、表皮に近い毛細血管や筋肉に血液が流れて体が温まり、脂肪を燃やしてくれます。食事後の入浴だと食べたものから燃焼されますが、食事前の入浴であれば今体にある脂肪がどんどん燃焼されていくので、顔を含めた全身に高いダイエット効果が期待できるんですよ。

温浴効果で全身に血液が分散すると、胃腸の働きは一時的に鈍り、食欲が減退します。胃液の分泌も抑えられ空腹感も減少するので、食べる量も自然に減らす事ができます。

ちなみに、お風呂のあとすぐに食事をすると、血液を急激に胃腸に集めなければならず体に負担がかかります。入浴後から食事開始までは30分程度間を取りましょう。

お湯の温度は40度で15分浸かるのが最適

38~39度のお湯は、副交感神経を働かせるので食欲旺盛になります。また、41度以上になると交感神経が働き睡眠が阻害されます。これらの悪影響が出ないのが、40度。

交感神経・副交感神経の中間の温度で、食欲を抑えつつも質の良い睡眠が取れるのだそうです。低温サウナのような効果で新陳代謝も活性化され、良いこと尽くめですね!

入浴時間は15分がベスト。体が芯から温まって血行が良くなり、滞っていたむくみや脂肪が流れていきます。20分以上浸かると血管が広がりすぎ、特に食前は貧血を起こす可能性があるとのことなので、ご注意ください。

お風呂から出た後は体温が1.5度くらい上昇していますが、急激に冷ますのはよくありません。

実は汗がなかなか引かないときには「ヒートショックプロテイン70」という特殊なたんぱく質が体で作られます。これは体温上昇のストレスから体を守ろうとする物質で、細胞を活性化させ中性脂肪を減らす効果があるのだそう。ぜひともこの物質を有効活用しましょう。

半身浴より全身浴

美容には半身浴でたっぷり汗をかく…というのが定説でしたが、健康に問題がないのであれば、全身浴のほうが実はメリットが多いのだそう。

  • お湯の浮力で筋肉の緊張がほぐれてリラックス効果が得られる
  • 利尿ホルモンの分泌が増え、老廃物が排出される
  • 水圧がかかるので血行促進効果が高い

顔をお湯に沈めることはできませんが、頭を支える肩や首の筋肉がほぐれれば、顔の筋肉の緊張もとけていきます。また、体全体の血行が良くなれば顔も血の巡りが良くなりますから、全身浴がもたらす顔への効果はかなり高いのです。

「食事前・40度・15分・全身浴」を守れば、余計なものが溜まらない小顔に近づく事ができますよ。

※「誰でも小顔になれる! 小顔矯正ナビ」は、独自に調査した内容をまとめたサイトです。お得なキャンペーンやイベント、最新情報は各エステ・サロンの公式サイトで確認してください。
絶対に小顔になる!1ヶ月チャレンジ小顔矯正を始めてみました