カフェで

仕事の合間に時間が空いたときや、友達と休日におしゃべりするときにはよくカフェを利用しますよね。コーヒーとスイーツでほっと一息ついている間にも、あなたの顔が大きくなる要因が蓄積されている可能性があるのです。

カフェでちょっと休憩…のときにもゆがみに注意!

何気なくこんなことしていませんか?カフェ利用のシーンを思い出してみましょう。

頬杖をついたり足を組む

顔を大きくする原因は、骨格のゆがみ。頬杖は頭蓋骨の片方だけをぐっと押しているポーズですから、顔のゆがみに直結するのは分かりますよね。

足を組むポーズも、骨盤の歪みが上半身→肩・首→顔へと伝わってしまいます。また、足組みは体全体のバランスも悪くするため、足を組んでいる瞬間だけでなく、普段の立ち方・座り方・歩き方も徐々に崩れて、ゆがみの原因になるのです。

姿勢の乱れは常に意識し、気がついたらすぐに直すようにしてください。

飲み物・食べ物のオーダー

いつもどんなドリンクやフードを頼んでいますか?カフェには色々なメニューがありますが、主に気をつけたいのは「糖分と脂肪」です。

ブラックコーヒーやストレートティーであれば、利尿作用があってむくみ取りに効果的ですが、砂糖やミルクをたくさん入れれば当然、糖分と脂肪の塊になります。

○○フラペチーノ、などはコーヒーではなく、もはや液体のケーキを飲んでいるようなもの。甘くて美味しいのはわかりますが、ドリンクのサイズと頻度を考えて飲んでみてください。

フード類も甘いものが多いですよね。ケーキやパンなど、噛む回数も少なくて済むものばかりですから、自分で意識してよく噛むようにしましょう。甘いものよりは生野菜の入ったサンドイッチなどの食事メニューがおすすめです。

スマホ使用時はどんなポーズですか?

1人でいるとついついスマホを見てしまう気持ち、よくわかります。

しかし、集中すると背筋には力が入らず猫背に、目だけで情報を追うので顔は無表情になってしまい、まばたきの回数も普段の半分以下になるとのこと。当然表情筋は動かず、口角も下がり、フェイスラインがぼやけてどんどん大顔へとまっしぐらなのです。

とある調査で朝と夜の目元を比較したところ、目の開き具合、くすみ、まぶたの持ち上がり具合が写真でもはっきり分かるくらい差が出ていることがわかりました!これを「スマホブス」と言うそうで…すごい単語ですね。

スマホで意味の無い情報検索やゲームをしているのなら、思い切って止めてしまったほうがイキイキした表情が出て、大きな目もキープできますよ。

どうしても止められないスマホ依存の方は、「背筋はしっかり意識する」「画面を顔の高さまで上げる」「頻繁に目線を逸らして画面を凝視し続けない」など、できる工夫から始めてみてください。

とはいえ、これらの工夫は気休めに毛が生えた程度のもの。やはり1番は「スマホを使わない」ことですから、徐々に依存度を減らしていく努力をしましょう。

※「誰でも小顔になれる! 小顔矯正ナビ」は、独自に調査した内容をまとめたサイトです。お得なキャンペーンやイベント、最新情報は各エステ・サロンの公式サイトで確認してください。
絶対に小顔になる!1ヶ月チャレンジ小顔矯正を始めてみました