よけいな脂肪

体だけでなく、顔にもよけいな脂肪は不要なもの!顔に脂肪が多いと、体はそこまで太くないのに全体の印象が太く思われてしまうので、とっても損!顔に脂肪はなぜ溜まる?どのように解消していくのが最適なの?など、顔の脂肪に関することをまとめて解決しています。

フェイスラインがぼやけて見える「よけいな脂肪」

体は細いのに、顔が丸く二重顎になっているせいで全体的に太って見える…という、非常に勿体無い方を街中などでもたまに見かけます。

こういった方、体には脂肪がついていないのになぜ顔だけに脂肪が集中してしまうのでしょうか?実は、顔に脂肪がつき太りやすいのにはきちんと理由がありました。

  • 筋肉の衰え
    普段の生活で顔の筋肉を使わない人は、どんどん顔の新陳代謝が低下して脂肪がつきやすい環境になってしまいます。年を重ねるほど注意が必要です。
  • 老廃物の停滞
    リンパの流れが悪くなると、老廃物が顔から排出されずに凝り固まっていきます。すると血行が悪くなり、体に脂肪を溜め込みやすい環境が整ってしまうのです。顔を動かしていないと老廃物は流れていきませんから、普段から表情が硬い人は気をつけましょう。
  • むくみ
    一見関係ないように思えますが、むくみをそのままにすると代謝が落ちて脂肪を溜め込む上、体が冷えやすく燃焼しづらくなります。水分は脂肪や老廃物と融合してセルライトとなり、いつまでも居座るようになってしまうのです。

よけいな脂肪を取るおすすめケア

  • よく噛んで食べる
    パン、麺類などあまり噛まずに済むものばかりを食べていると咀嚼回数が減り、顔の筋肉が衰えていきます。歯ごたえのあるもの、硬いものを良く噛んで食べる、一口に対して噛む回数を増やす(30回は噛むのがオススメ)などして、顔の筋肉をしっかりと動かしましょう。
    顎をしっかりと動かせば、筋肉が鍛えられ代謝があがる、老廃物やむくみが流れるほか、加齢によるシワやたるみを防いだり、いくつになっても健康でイキイキと過ごせる…など、いいことづくめです。
  • 無表情より笑顔
    無表情は顔の筋肉が緩み、働いていません。笑顔になると口角がきゅっと上がり、顎のラインもすっきりして顔が小さく見えます。笑顔を続けていると、「小さく見える」がどんどん「小さい」に変わっていきますよ!
  • 顔につけるものは下から上へ
    洗顔のときや、化粧水、ファンデーションなどを上から下に塗る癖がついていませんか?下から上にすると、頬がリフトアップされて筋肉を刺激する事ができます。小さなことですが、意識するようにしましょう。
  • フェイスマッサージやリンパマッサージ
    入浴後などの体が温まっているときは、脂肪も柔らかくなっています。そこを狙って、脂肪をほぐすフェイスローラーや、リンパマッサージを行うとどんどん分解されて体外に排出されていくのでオススメです。
  • プロによる小顔マッサージや矯正
    セルフケアより高い効果を得るには、やはり正しい知識を学んだ専門家にお任せすべき。マッサージと一緒に頭蓋骨の矯正を受ければ、脂肪燃焼と同時に、その他様々な顔を太らせていた原因が解消されて、一気に小顔に近づく事ができます。
    マッサージやアドバイスなどもプロ目線で、個人個人に適したものを教えてもらえるので、ここで紹介した方法より効果的なものが見つかるかもしれません。

 

顔のよけいな脂肪は、日常生活に気を配るだけでも意外と改善していきます。

脂肪除去だけではなく、むくみ解消・血行促進などの美顔効果、心と体の健康維持にも繋がってきますので、是非実践しましょう。難しいことは1つもありませんよ。

※「誰でも小顔になれる! 小顔矯正ナビ」は、独自に調査した内容をまとめたサイトです。お得なキャンペーンやイベント、最新情報は各エステ・サロンの公式サイトで確認してください。
絶対に小顔になる!1ヶ月チャレンジ小顔矯正を始めてみました