自宅で

自宅で顔を歪ませてしまう主な原因は、睡眠時の姿勢。寝る前の姿勢を意識したり、枕を調整して、顔が歪まない睡眠を意識しましょう。

食事の習慣も、顔の大きさに影響してきますので、ここで紹介した悪い習慣が身についている方は、すぐに改善するようにしましょう。

自宅でついついやってしまう顔のむくみの原因

自宅に居るときに何気なくしている行動が、骨格を歪ませたり、むくみを増やしたり、血流を悪化させる…など、顔を大きくしている原因かもしれません。注意すべきポイントをまとめてみましたので、自分の生活を今一度見直してみましょう。

リラックスしてテレビを見ているときの姿勢はどう?

家でのんびりしているとき、ついつい片方に重心をかけてもたれかかったり、片手で頭を支えてゴロゴロしたりしていませんか?

基本的に、体の片方・1箇所だけに負担を強いるポーズは全て、骨格に悪影響が出ていると思ってもらって構いません。のんびり体をほぐしているつもりでも、負担が蓄積している場所があり、そこからゆがみやむくみが発生していきます。

ゴロゴロするな、常に姿勢正しくいろ!なんて無理ですよね。なので、オススメの方法をひとつご紹介します。それは、「寝返りをたくさんうつこと」です。

人間は眠っている際に寝返りをたくさんうって、自分で体を整えているのだそう。なので、リラックスしてゴロゴロしているときも頻繁に寝返りをうつと歪みが矯正されます。また、同じポーズをし続けないので体の負担を軽減する事もできますよ!

睡眠時の姿勢と枕をチェック

朝起きて顔がむくんでいた…という経験がある方も多いはず。なぜ朝は顔がむくむのか?というと、睡眠時は動きがほとんどない上、体が水平になっているので、起きているときより水分が顔に移動してきやすいのです。

さらに、寝ているときに悪い姿勢をとっていると血行が悪くなってむくむだけでなく、顎や首の関節が歪む原因に。その結果、顔の骨までも歪んできてしまうのです。

寝ているときの正しい姿勢は、仰向けで、足をまっすぐ伸ばした状態。両手は力をいれず、体の横においておきましょう。寝てしまうと無意識のうちに悪い姿勢になってしまいますが、ふと起きたときに姿勢を正すだけでもかなりむくみと歪みが変わってきます。

枕の高さもゆがみの元

枕の高さが合わないと、肩こりや首こりが発生しますね。その結果血流が悪くなり、顔のむくみや老廃物が流れていかずに、むくみ太りにも繋がっていきます。

枕の高さの最適なものは人によって違いますので、一度専門店で見てもらっても良いでしょう。また、大きめのバスタオルをZ型に折って枕を作り、微調整を小さなタオルで行うと幅広でどんな寝返りにも対応できる枕が完成しますので、オススメです。

※「誰でも小顔になれる! 小顔矯正ナビ」は、独自に調査した内容をまとめたサイトです。お得なキャンペーンやイベント、最新情報は各エステ・サロンの公式サイトで確認してください。
絶対に小顔になる!1ヶ月チャレンジ小顔矯正を始めてみました