食事の際に

食事は普段の生活の中でも、顔の筋肉を直接動かす絶好の機会。しっかり噛んで顎を使い筋肉を鍛えることで、顔が大きくなる原因であるむくみ・ゆがみ・脂肪の蓄積などを防ぐ事ができます。1日3回&おやつタイム…と、豊富にあるチャンスを有効活用しましょう。

食事が顔のゆがみを加速させるって本当?

普段何気なくしている食事ですが、食べているもの、食べ方、食べるシーンなどが原因となり、顔や体がゆがんでしまいます。

食事は毎日するものであり、顎を動かす動作であるため顔の大きさにもダイレクトに反映されるのです。きちんと悪い癖を直して、ゆがみの蓄積を最小限にとどめましょう。

食事で1番大切なのは「噛む回数」

何と言っても重要なのは、顎を直接動かす動作である「噛む」こと。咀嚼回数が多ければ多いほど表情筋が鍛えられて、むくみやたるみ、脂肪が解消していきますので、しっかりよく噛むことを心がけてください。

最近は柔らかいパンや麺類などを主食とする方も多いですが、お米のほうが噛む回数が増えますし、食物繊維が多く便秘解消もできます。また、炭水化物抜きダイエットをする方も居ますが、炭水化物が不足すると脂肪の燃焼が滞るため、程々な量は食べたほうが良いです。

噛み癖は固太りを引き起こす

顔の大きさを作りだす原因で、1番やっかいなのが脂肪の上に筋肉がついてしまう「固太り」。実は、噛み癖・歯ぎしり・噛み締めなど「筋肉の使いすぎ」と「緊張」が原因であることが多いとされています。食事の際、片方で噛んでしまう…という方は、なるべく均等を意識してみましょう。

また、噛み締めや歯軋りなどはほとんどの方が無意識下でやっている癖なので、解消には時間がかかりますが、頑張りましょう。

普段から噛み癖がある方は、以下のような方法を試してみてください。

  1. 食べ物を左右均等に噛むようにする(右奥でゆっくり10回、左奥でゆっくり10回、右で少し早めに20回、左で少し早めに20回。筋肉のバランスが整います。)
  2. ストレスの原因を取り除く
  3. 噛み締めない、と自己暗示をかける

外食メニューやスナック菓子に注意!

ジャンクフードやスナック菓子は油分が多く、栄養が偏ってしまう上に関節を弱くしてしまうのだそう。そうなると、ちょっと悪い姿勢をとっただけでも体が歪んでしまい、顔が大きくなる原因になるので極力避けましょう。多くの女性が心がけているダイエットにも当然よくありませんね。

オススメ食材は、血流を良くするビタミンE、抗酸化作用の高いビタミンC、水分を排出するカリウムなどが含まれているもの。全てを満たしているのが、アボカドです。しかしカロリーが高いので1日に1/4程度が良いとのこと。

また、海藻類は胃腸に溜まった水分を除去する効果があるため、自然とむくみを改善できる食品とされています。良質な動物性たんぱく質である牛肉の赤みも健康食材なのでオススメですよ。

手軽に安く済ませたい場合でも、油分が多いファストフードではなく、うどんやそば(噛む回数は意識してくださいね!)、野菜たっぷりのサンドイッチなど油分が少なめのものを選びましょう。

※「誰でも小顔になれる! 小顔矯正ナビ」は、独自に調査した内容をまとめたサイトです。お得なキャンペーンやイベント、最新情報は各エステ・サロンの公式サイトで確認してください。
絶対に小顔になる!1ヶ月チャレンジ小顔矯正を始めてみました